Posted by at

2008年08月11日

小さいお客様たち


写真はこれからオーブンに入れる準備が出来たイッサキです。
こもれびハーブソルトを振りかけて、
オリーブオイルをまわしかけて、
220度で25分。
お野菜に魚の美味しいスープが絡んで、
食欲のない日にも美味しくいただけます。
オーブンで焼いたお魚、お肉は、ふぅわり&かりっとしてとても美味しいですよ!

さて、夏休み。
ボンラパスの売場には、育ち盛りの小さい子供さんがたくさんお見えになります。
お母様方のお買い物の間、こもれびガーデンの売場は子供たちの人気。
「もうひとつ食べてもいい?」
もちろん、どうぞ!!

やがてお母様方がお見えになり、
ハーブソルトが又ひとつ売れていく・・・・という展開に相成ります。

おかあさんにとって、「子供たちが食べてくれる」というのは
とても嬉しいことなのですね。

夏休みの間、子供さんの食事作りは大変に違いありません。


ところで、20年ほど子供たちに関わる仕事をしてきた私は
売場に集まってくる子供たちを相手にするのが楽しくてたまりません。
来た来た!
子供たちにウケルのは本物である証拠!
「寅さん」よろしく腕まくりして気合を入れて迎えます。

「らっしゃい!」

子供たちに料理の仕方を教えて、
夏休みのお手伝いを教えて、
お母様方に喜ばれて、
ハーブソルトをお買い上げいただく・・・
なんと嬉しい仕事ではありませんか!

食べ物に向かって、真直ぐに突進してくる子供たちの姿、
小さな男の子達の群れ。あとに続く女の子の照れくさそうな笑顔。

なかなか素敵な場面ですよー!



こもれびガーデン
http://www.freespacekomorebi.com









  


Posted by komorebigarden at 21:37Comments(0)日々つれづれ

2008年08月06日

帰国シェフの家庭料理


イタリアから帰国された若手のシェフ竹島さんの
心のこもった手料理を頂きました。

西鉄大橋駅そば、人通りの多い賑やかな場所に
竹島さんのお店「デリム」はあります。

今日は特別に
家庭でも出来るイタリア料理をアレンジしてくださいました。
食材の話、料理のコツなどを遠慮がちに語りながら、一皿一皿を出してくださいました。

デッポレ
エビとアスパラガスのプロヴァンス風味
ライスコロッケ

そして
写真のミネストローネ
お米が入った野菜スープです。生クリームと植物オイルで仕上げています。



スープは素敵。
家庭で作るスープは、くず野菜やくず肉を炊いて、その日のメニュ、天候や家族の体調に合わせて
味を付ける、いわば即興演奏のようなものですね。

玄関を開けると 夕餉のスープの ほわ~っといい香り。
ほっとする幸せな瞬間ですよね。
外でどんなにつらいことがあったとしても
あったかなお家の料理を食べたら、もうだいじょうぶ。



シェフの竹島さんの手料理は
まるで我が家に帰ったように、私の心を温めてくれました。
有難うございました。ご馳走さま。

竹島さんはご両親のお店を引き継いで
元気いっぱいに街の人たちの食欲を満たしています。

竹島さんのお店
福岡市南区大橋2-11-12江川ビル1F
http://www.curry-delim.com/


こもれびガーデン
http://www.freespacekomorebi.com


  


Posted by komorebigarden at 09:52Comments(0)素敵なひとたち