2014年07月19日

ピクルス液でビックリのお味に!



トモミさんちの 美味しいジャガイモを蒸して スライス。

トモミさんちの 美味しい玉ねぎを スライス、

お芋と玉ねぎを ボウルに入れて ピクルス液で さっくりと和えて

カリカリに焼いたベーコンを油ごと乗せると・・・・・・


あれまあ、 なんとも 美味しい オシャレなサラダに!

本日の スタッフまかないの 一品でした!

いやはや、料理は楽し。


みなさまもやってみてくださいませ。


ちなみに、ピクルス・スパイスは こちら。




こもれびガーデンの ネットショップで販売中でございます。



どうぞ宜しくお願いいたします。


こもれびガーデン
  


Posted by komorebigarden at 19:41Comments(0)こもれび食堂

2012年11月05日

こもれびガーデン動画ができました

こもれびガーデンの新しい動画が出来ました!

お料理レシピもありますよ。

お暇なときにごらん下さいませ。



こもれびガーデン  


Posted by komorebigarden at 18:56Comments(3)こもれび食堂

2012年05月25日

新人参、美味しさ発見!



高取のこだわり八百屋「あおや」さんで見つけた新人参、

早速 焼き野菜にしてみました。

甘くて、美味しくて、初夏を飾る一品になりました!


作り方:
*人参は軽く蒸すor電子レンジでチンしておく
*耐熱皿に人参を並べ、塩(ハーブソルト)とオリーブオイルをかける
*200度のオーブンで12分焼く(お魚グリルでも可)
焼きあがったら メープルシロップをかけ、カッテージチーズを散らす
(カッテージチーズはチーズの苦手な方もさっぱりといただけますよ。
サラダやフルーツにも合います)


写真のお料理、合計300円ほどで出来ました。

季節の一品、お客様にもどうぞ。



こもれびガーデン



  


Posted by komorebigarden at 21:09Comments(0)こもれび食堂

2011年03月03日

今日のスタッフランチ



今日は九州で頑張っていらっしゃるお店の品々で
美味しいお昼をいただきました。

オムレツは、福岡市天神のディサントさんのイタリア直送カットトマト缶を使ってます。
味が濃くて魚介類と合いそうです。

右に見えるピーナッツもやしは佐賀のいずもさん。とってもヘルシーで美味しいです!

パンは福岡市大濠のブリオッシュさん
トマトパン、フォカッチャ、食パン、どれもおいしい!

オリーブオイルは福岡市薬院のオリオサントさんのオレンジフレーバー。
お塩を入れてパンを浸して食べるとGOODです。

今日も食材の試食会でした。



食べ物屋「こもれびガーデン」の日々のお昼は

いただきもので廻ってるかも・・・・・。



こもれびガーデン
  


Posted by komorebigarden at 19:28Comments(2)こもれび食堂

2011年02月26日

今日のスタッフランチ



今日はスペシャルな日です。

インターン(研修生)のアユミさんの歓迎会。

パソコンが得意な乙女です。icon102

これから6ヶ月間をともに過ごします。

よろしくねっ!!


こもれびガーデンでの研修はお料理実習つき。

みんなで作ったのは・・


アクアパッツア


海産物をふんだんに入れてアツアツを食すItalianの一品。

とっても簡単で豪華です!

みなさんも是非お試し下さいませ。


アクアパッツアの作り方(こもれび風)

材料・・・白身魚のあら、海老、アサリ、ニンニク、玉葱、トマトなど
スパイス・・・黒コショウ、あればサフラン、こもれびハーブソルトもちょっぴり
オリーブオイル

①魚のあら&海老は水をふき取ってオリーブオイルでしっかり焼き付けておきましょう。

②鍋にオリーブオイルを入れみじん切りのニンニクを炒め、台所中にいい香りがしだしたら

③みじん切り玉葱を加えて炒め、さらにざく切りトマトを加えて炒めます。
 火が通ったら先ほどの魚のあらと海老を入れ(いいお出しが出ます)、

④水をひたひたに入れて、色と甘味と香り付けのためにサフランを入れてひと煮立ち。
 塩、黒コショウ、ハーブソルトで味を調え、

⑤最後にアサリを入れて蓋をし、アサリの口が開いたら出来上がり。
 オリーブオイルをまわしかけて鍋のままテーブルへ!


いただきまーす!

残ったスープでリゾットが出来ますよ。icon100




こもれびガーデン







  


Posted by komorebigarden at 13:30Comments(2)こもれび食堂

2009年09月01日

長寿の食卓

ピカピカ超美肌のうえ

片足立ちを日々の運動とする

例の94歳のお客さんの 今日の食事は



おから。常備菜ですよ。

蓮根、人参、小松菜、ジャコ入りです。

(原価安いですよ・・・店主)




タマネギ酢のもの。

糸切の乾燥昆布入りで、とろとろ、ねばねば。

(簡単でうまい!)




今日の主食、おこわ。

(炊飯器で簡単にできます~)



長寿の食卓


こもれびガーデン
http://www.freespacekomorebi.com



こもれびガーデン
http://www.freespacekomorebi.com  


Posted by komorebigarden at 07:23Comments(4)こもれび食堂

2009年08月26日

豆とカボチャ

こもれび食堂には
おおむね4,5人のお客さんが毎日食べにきます。

その中に94歳になる女性のお客さんがいらして、

その方はお肌ピカピカ、

足腰しっかり。

その方の好物は



豆と



カボチャ

まめ&かぼちゃ、必ず毎日です。

お客さんを見ていると

豆とカボチャには魔法の力があるように思えてきます。






こもれびガーデン
http://www.freespacekomorebi.com







  
タグ :カボチャ


Posted by komorebigarden at 08:26Comments(18)こもれび食堂

2009年08月18日

バジルペースト



バジルが山ほど採れてます。

花が咲かないうちに摘んで

保存食を作りました。

バジルペースト節約編。

オリーヴオイル
ニンニク
バジル
塩少々

全部をプロセッサーかミキサーでかき混ぜて完成。

冷蔵庫で長期保存OK.

パスタやスープ、ドレッシングに。

冬までお洒落な食卓が楽しめますよicon97



こもれびガーデン
http://www.freespacekomorebi.com
  


Posted by komorebigarden at 11:11Comments(14)こもれび食堂

2009年04月18日

RKB再放送

スミマセン、
ちょっと宣活です。


明日4月19日(日)お昼過ぎ12:35頃から

今日感テレビ「こもれびガーデンの無添加ハーブソルト」の

再放送があります。

RKB4chです。

たった3分間ほどですが、

ハーブソルトがどう作られているかが紹介されます。

こもれびガーデンの植物も ちらっと・・・。



こもれびハーブソルトのファンの皆さんには

ぜひごらん頂きたいと思います。


コマーシャルでした。

感謝。




こもれびガーデン
http://www.freespacekomorebi.com


  


Posted by komorebigarden at 07:00Comments(10)こもれび食堂

2009年03月18日

メープルシロップのはなし



メープルシロップ・・
あまい響きですね。

小さい頃、ほんのたまに、母に連れられて
メープルシロップがたっぷりかかったホットケーキを
食べに行きました。
お父ちゃんには、内緒よ、と。

もう、あの浜の町のレストランも
なくなっちゃいました。

メープル(さとうカエデ)から採れる樹液を煮詰めて作った
メープルシロップ、
カナダとアメリカ北東部が世界最大の産地だそうです。
酷寒の地ならではの農産物でしょうか。

日本の中でも秩父や北海道でごく少量は生産しているようです。




メープルシロップの輸入量が増え、
日本でもレシピブックが。

お菓子ばかりでなく、
かぼちゃの甘煮、
人参グラッセ、
サラダドレッシング
揚げ鶏とカシューナッツの炒め物、と
砂糖の代わりに使われるようになりました。

香ばしさと優しい甘みが、いいですよね。



実は
こもれびガーデンでは

Maple Colored Memories
「グランマ・ヘレンの贈りもの」

という本を出版しています。

この本の中に、メープルシロップを家族総出で作る様子も
出てきます。


メープルシロップ、
とっても気になる食べ物です。



こもれびガーデン
http://www.freespacekomorebi.com

  


Posted by komorebigarden at 10:56Comments(5)こもれび食堂

2009年03月09日

蕗の葉は食べられます!



蕗の季節がやって来ますね。

蕗は繊維が多く、便秘予防によいそうです。
血栓予防、高血圧などにも、といわれますが、

おそらく、旬のものなら、体によいぞ、
ということでしょう。
(単純な解釈でどうも・・・汗)

ところで

蕗で、一番美味しいのは、葉っぱだっ!

・・・・と思うのは、私一人でしょうか。

我が家では、茎はあまり人気がありませんが、
蕗の葉の佃煮は評判です。

捨てるのがもったいなくて、試してみたのですが、
予想以上に乙な味、
ご飯の友や、酒の肴にはぴったり。
おいしくって、おいしくって、
作った本人がびっくりしましたよ!

以来、蕗が出回るシーズンを心待ちにしています。

山歩きのついでに採って来られるのも、楽しみですね。



葉っぱ佃煮の作り方

①葉っぱをよく洗い、半日水につけて、元気回復させる
②千切りにして、油でよくいためる
③砂糖、みりん、酒、醤油をいれ、汁がなくなるまで炒りつける
④最後にごま油で香りをつける

超簡単ながら、オススメ珍味です。
どこにも売っていない味ですよ。

春だけの限定佃煮、
お試し下さい!


こもれびガーデン
http://www.freespacekomorebi.com


  


Posted by komorebigarden at 16:36Comments(6)こもれび食堂

2009年03月08日

春だけサラダ



日曜日。
ごろ寝したいところだけど、
台所の新ジャガさんが緑の芽をつんつん出し始めて
「早くたべてよ!」と訴えています。

ふぁい、なんかつくりますぅ。

お昼ごはんに
今だけサラダ、作ってみました。

新ジャガと新タマネギの出揃う「今」だけのさわやかサラダです。
春の息吹を感じてください。
使いにくいマスタード、ヴィネガーなどもサラダに入れるとお洒落。

材料:
新ジャガ 2個
新タマネギ 1個
ディジョンヌマスタード(マスタード粒入りの練りがらし)
ワインヴィネガー
オリーヴオイル
塩、

①ジャガイモは圧力鍋でシュッと吹かして、熱いうちにつぶします。
冷めたら、ディジョンヌマスタード、オリーヴオイル、ワインヴィネガー
それぞれ大匙2~3を入れて混ぜ、塩で味を調えます。
お好みで隠し味に砂糖ひとつまみを入れると、酢の味がまろやかに。

②新タマネギを薄くスライスして、①のジャガイモとあえて、出来上がり。

そのままパクパクたべても美味しいですし、サンドウィッチにもOK.
クラッカーのトッピングに使って、おつまみにも。

ツナがお好きな方は一緒にあえてもいいですね。


肉や魚のフライ、具沢山のお味噌汁で、おばんざーい、いっちょあがり!



こもれびガーデン
http://www.freespacekomorebi.com


  


Posted by komorebigarden at 11:38Comments(2)こもれび食堂

2009年03月04日

ヨモギを追え!



どこの道端にも生えていて、雑草扱いされるかわいそうなヨモギさん・・・。

実は、薬効豊かなハーブです。
鉄分・カルシウム・ビタミンA・クロロフィルたっぷり。
かぼちゃ、人参、ホウレン草と同じくらいの栄養素。
これを食べない手はありません。

柔らかい部分を両手一杯とってきます。
さっと湯通しして、フードプロセッサーにかけます。



パン焼器で焼きました。
高級&美味ハーブパンの出来上がり。

焼けたら、みんなが寄ってきて、あっという間に・・・。

材料:
強力粉280g
オリーブ油大さじ1
砂糖大さじ1
塩小さじ1.5
水150cc
軽く絞った茹でヨモギ(ヨモギ汁と水で合計200ccになるくらい)
ドライイースト小さじ1.5


さて、このヨモギさん、お風呂に入れるとポカポカに。
切り傷には「止血剤」に、と
私たちのよきパートナーになってくれます。

注: ヨモギの栄養と薬効は、虫さんたちも大好き。
   4月になると葉っぱの裏に虫がいっぱい。
   3月の今が食べごろです。
   虫は無視する? 
   やったねっ!



こもれびガーデン
http://www.freespacekomorebi.com
   

   





  


Posted by komorebigarden at 07:23Comments(2)こもれび食堂

2009年03月01日

秘伝の漬物

①こちらは、ちょっぴり正統派



一株100円の白菜が手に入りました。
8分の一に切って、風に2日間さらしています。



昆布と鷹の爪をはさみでチョキチョキ。
お正月のスルメも一緒に
白菜にパラパラはさんで



即席漬けの容器に入れました。

水1リットルに塩40gを溶かして、呼び水に。
ここ2,3日が食べごろかな?


②オススメ秘伝の漬物


普段はものすごい手抜漬物、作ります。

水洗いした野菜に塩をぱっと振りかけて
昆布、鷹の爪と一緒にビニール袋に入れます。
そして、

ギュッギュッと踏むのです。

(ウドン麺もこうやって踏みますね。足のパワーってすごいです。
重み + 愛の力 かなー)

ご飯の支度をしながら踏んでいるうちに
お漬物の出来上がり!おいしいですよー!


さりげなく、美しく盛り付けて、

おほほ・・。

さあ、召し上がれ。



失礼いたしました。
ぜひお試し下さい。

こもれびガーデン
http://www.freespacekomorebi.com










  


Posted by komorebigarden at 09:51Comments(2)こもれび食堂

2009年02月17日

鉄たまごってご存知ですか?


こんな姿です。

我が家に20年ほどおります。

なんに使うのかって?

私は


アサリの泥を吐かせるのに使います。

梅の花が咲き始めると

アサリは旬を迎えて、とても美味しくなりますね。


鉄たまごの使い方:


洗った生きアサリを鍋に入れ、

潮を一掴み振りかけて

水をひたひたに入れます。

鉄たまごも鍋にいれます。

アサリが酸素不足にならないよう、ちょっとずらして蓋をして

暗い静かなところに半日置きます。

そっと蓋を開けてみると、

アサリが元気よく泥を吐いていますよ。


こうやってお料理すると、アサリの味が格段に違います!


昔、母は鉄包丁をアサリの泥吐きに使っていました。

鉄たまごにこだわらず、鉄釘でもいいのでしょうね。


どうぞお試しになってください。




こもれびガーデン
http://www.freespacekomorebi.com


  


Posted by komorebigarden at 16:45Comments(0)こもれび食堂

2009年01月16日

超簡単本格ダシ


我が家のだしはこれです。今日は高級ダシ。
昆布、いりこ、鰹節を水に入れて一晩。
お正月に飾ったスルメも入れてみてください。
何にもない時は、いりこと昆布だけで。


お味噌汁、煮物、麺の汁・・・
万能で最高のおダシが取れます。

翌日、汁だけを漉して使い、ダシ材料はリサイクル。
新しい昆布を一枚足してまた一晩。
二日目の出しは煮出して使います。

お時間のある方は煮出したダシ材料(昆布・鰹節)を刻んで軽く炒め
みりん・酒・しょうゆでお好みに味付けしてみてください。
お弁当にぴったりの一品。

栄養満点のおダシ、毎日作ってくださいね。
とってもおいしいですよ~!

老婆心ながら
このダシポット、冬場は寒いところに置いてOK、
夏場は冷蔵庫に入れましょう。


こもれびガーデン
http://www.freespacekomorebi.com





  


Posted by komorebigarden at 08:09Comments(0)こもれび食堂

2008年12月13日

おうちの“ちょっぴり贅沢ありあわせ野菜スープ”


この材料と(豚バラ、ベーコン、たまねぎ、ジャガイモ、人参、セロリ、ゆで卵)


この調味料で(左からケイパー、マスタード、こもれびソルト)
美味しいスープを作ります。
この中でぜいたく品は塩漬けケイパーだけ。一瓶350円ほどです。マスタードは250円くらい。
月桂樹の葉があれば一緒に煮てください。


仕上がりです。

いつもながら、スープの素などは使いません。
材料だけの美味しさです。
ハーブソルトが苦手な方は、お手持ちの塩だけでOK.
ハーブソルトの量はお好みで調節してください。

作り方:
タマゴ以外のすべてをコロコロに切って軽く炒め、10分煮ます。塩とハーブソルトで味を調えます。

半日から一日置いて、再度温めます。これがスープを美味しく味わうコツ。
召し上がるときに、ケイパー(写真の黒丸粒々)とマスタード(皿の縁に乗せてます)を少々。
これがとどめのグルメ味!

ところで、ゆで卵はスープの調味が終わって鍋に入れます。
漬け込みですね。
育ち盛りの子供さんのいるご家庭はぜひどうぞ。美味しいですよ。
(我が家はもうタマゴ無しです・・。高齢化してます。)

さてさて、私共こもれびガーデン母娘、
今日14日から15日まで、ボンラパス花畑店のプロモーション・キッチンでお料理しています。

写真のスープも作っていますので、どうぞご賞味下さい。
他にチキンのハーブソルト焼き、幸せのマサラチャイもお試しいただけます。
ハーブや原型スパイスも各種ございます。

珍しい輸入食材などが抱負に揃っているボンラパス。
日曜日のひと時、ごゆっくりと食材をみにこられませんか。

本当に楽しいグルメ食材店ボンラパス。
お料理好きにはたまらないスーパーです!

私共にもお声をお掛けくださいね!お魚屋さんの向かいです。

ボンラパス
http://www.bonrepas.co.jp/shop.html

こもれびガーデン
http://www.freespacekomorebi.com








  


Posted by komorebigarden at 22:40Comments(0)こもれび食堂

2008年11月14日

おうちのミネストローネ



福岡はこの2,3日秋晴れの爽やかな日が続いています。
それでもやっぱり、夕餉にはあったかなスープが欲しくなるこの頃です。

とっても簡単ミネストローネ!を作ってみました。
30分で出来上がります。

でも、もっとおいしく食べたい方は
ぜひ早起きしてちゃっちゃっと仕上げ、夕食にに召し上がってください。
作り置きのほうが断然おいしいのです。


簡単ミネストローネの作り方

①セロリ少々みじん切りとニンニクみじん切りを炒めて

②それぞれ1.5cm角に切ったジャガイモ、人参、たまねぎ、チキンのモモ肉を入れて
 さらに炒めます。小さく切ったら早く出来ます。

③トマト水煮缶1と水1を注いで煮立てます。
 (汁気が多いのがお好きな方はここで調節)

④白インゲン豆の水煮を入れて10分煮込みます。
 (柔らかく煮た豆だったらなんでも可ですが)

⑤こもれびガーデンのハーブソルトで味を調えて出来上がり。
 こもれび・・・・が無くてもご心配なく。
 お宅にある塩と似合いそうなスパイスを入れればOKです。
 
スープの素なんかは入れないほうがおいしいですよー。

あとは半日おいて、再度温めてめしあがれ。

バジルやローズマリーを育てていらっしゃる方は、この機会にお皿に浮かせてくださいね。

そうそう、
パスタが入ってないとミネストローネとは言わないよ、現地の方に言われました。
茹で上がったパスタをほんの少々だとまぁOK。
たくさん入れるとパスタがのびて、ぶよぶよスープになってしまい
翌日食べられませんからご注意。


簡単ミネストローネ、どうぞお試し下さいね。



こもれびガーデン
http://www.freespacekomorebi.com
ショップ
http://www.freespacekomorebi.com/shop/




  


Posted by komorebigarden at 18:46Comments(3)こもれび食堂

2008年09月22日

超まかない料理・知恵のきわみ



この煮込み、ボンラパスのお客様に教えていただきました。
上品で物静か、お肌のつやつや輝くおばあちゃまでした。
健康と美貌キープの秘訣は

「手羽先の先っぽ(ダシ用)キャベツ煮込み」

材料:
手羽先の先っぽ 500g 150円(おばあちゃまのカゴを覗いてその値段にビックリ!)
キャベツ      1玉  200円

手羽先に砂糖と醤油を振りかけて、くし型に切ったキャベツで蓋をして
その上に鍋の蓋をして
コトコト弱火で煮込むこと1時間。
これだけで1週間分の保存食が出来上がり。
コラーゲンたっぷりの一品です。

ちなみにこのおばあちゃまは お一人暮らしなのだそうです。
「わたしはいつもコレ。安いし、どんな野菜とも合うからねー。
それに、酒のつまみにもなるしね。」

都心で暮らすシニアの知恵に脱帽です。

「そのお知恵、広めます!」
私はこのお客様に深々とお辞儀をして約束しました。
ウチのハーブソルトはお買い上げいただけませんでしたが、ノープロブラム。


売場に立っていると実に学ぶことが多いですね。


私達も周囲を観察してますが、
周囲の方々も私達をよーく観察してますね。
向こうの方からそーっと見て、おずおずと寄ってこられる方も。
試食はしたいが、売りつけられるのはイヤだなーという感じです。もようながめ。
でもいい香りでお肉を焼いていますから、ついにお客様、好奇心に負けて・・・・・。
お客様との会話が始まれば、成功です。
今回のおばあちゃまとの出会いも、もちろん成功!



人間模様に興味は尽きません。


ボンラパス高宮店9月28日~10月1日
オヤコでおります。お買い物のおついでにお声を掛けてください。


こもれびガーデン
http://www.freespacekomorebi.com






  


Posted by komorebigarden at 09:14Comments(1)こもれび食堂

2008年09月04日

絶品ケンチキ風チキンのレシピ


毎週奥様のためにお料理を作ってあげる
情熱マーケッター脇田さん。

本日の脇田カフェの絶品は「ケンチキ風チキン」!

「最近食べた中で一番美味しい」と奥様から太鼓判をもらったそうです。

「こもれびガーデンの無添加ハーブソルト」も隠し味に使っていただいてます。

ほーんとにおいしそうな一品ですね!
私も早速今日試してみーます!

それにしても、私も毎週、いや月に一回でいいから、
夫にごはんを作ってもらいたいですなー。

脇田さんの絶品レシピはこちらから。
http://marketing.yoka-yoka.jp/e140626.html


こもれびガーデン
http://www.freespacekomorebi.com  


Posted by komorebigarden at 06:48Comments(0)こもれび食堂